青春アニソン部

アニメソングを全力で語るブログ。

『小林さんちのメイドラゴン』オープニング曲『青空のラプソディ』(元気が出る曲ですね)

聞いてすぐに外を歩くと身体も心も踊っている。 この作品のヒロインたちである「ちょろゴンず」を差し置いて チョイ役の人たちがたくさん出てくるショットのとこが曲のサビ、という謎の構成なんだけど、そこが最高!

消えてしまう青春を前向きに切なく歌う『ReLIFE』オープニング曲『ボタン』

河原の土手にメインキャラクター9人が集まって夕焼け空を見る。このシーンが素晴らしい。 こういう絵が歌詞と合った状態でいいメロディと共に有るかどうか。 これがあるだけでもう青春アニメとしては名作主題歌認定しちゃいますよ!

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』エンディング曲『RIGHT LIGHT RISE』 2人の出会いはもちろん正しい!

この曲ね、なにがいいって、出だしのトランペットですよ。ぱらぱぱぱーっていうラッパの音が中世風ファンタジーっぽいですよ! 歌詞はほぼ紐神様とベル君なんだけど、エンディング映像は、ベルと紐神様との関係が中心にあって、すぐ側に仲間がいて、その周り…

メインヒロイン桜島麻衣の内面のデレっぷり!『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』OP曲『君のせい』

「君のせい」っていうのを、もっとラノベ的に表現すると、「あ、あんたのせいなんだからねっ!」の意味。これは堪んねぇー!!! メインヒロイン桜島麻衣の強気さとデレっぷりが疾走する曲!ギターの鳴り方もドラムもカッコ良くて、青春のなんともいえん思わ…

美術部ソングの模範解答がここにある!『この美術部には問題がある!』挿入歌『青空キャンバス』

美術部ならではの歌詞に、曲のタイミングに合わせてのアニメーション作画。これは全美術部員が涙する!挿入歌でおいとくにはもったいな過ぎるでしょ!

『坂道のアポロン』エンディング曲『アルタイル』アニメーション映像に仕込まれた意味深について。

青春の時期に告白できない、過ぎ去った青春の日々を唄った普遍的な歌。しかしエンディングのアニメ映像は実はそんなに単純な話では終わらない。その真のイトを探ってみた。

CVが歌うことの素晴らしさよ!『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』エンディング曲『ダイヤモンドの純度』

俺ガイル第3期エンディング映像はまるで短編映画。キャラクターボイスが歌う歌詞と、映像で表現されるストーリーが相まって、完結編に相応しい超エモい仕上がりに! CVが歌うってことの素晴らしさを堪能できる大傑作!