青春アニソン部

アニメソングを全力で語るブログ。

2010年代前半

『ギルティクラウン』すばらしく哀なエンディング曲【Departures 〜あなたにおくるアイの歌〜】

曲のの入りが最高の悲しみですわ。 メロディと歌詞とアレンジが最高に調和してますよね。 Bメロは過去を思い出して悲しむところを受けてのサビがね、この構成が素晴らしい。 そしてエンディングもいいんだけど、挿入歌として使われたバージョンが最高なんで…

『アマガミSS』OP2はオレらの気持ちに寄り添った【君のままで】

TVアニメ「アマガミSS」OP曲2 君のままで サビのメロディが素晴らしい。これに尽きる。 「君は君のままで」♪っていう歌詞もターゲティング出来てて良い。 恋愛シュミレーションゲーム原作っていうところでいうと、 「今すぐKissしたかった」♪ このド直球な表…

『這いよれ! ニャル子さん』(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!【太陽曰く燃えよカオス】

(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー! が、大ヒットした曲。これはどうやっても癖になる。天才的。 このアスキーアートも素晴らしいよね。こっちはファンアート(?)ですけど。そりゃ一世を風靡するわ。 しかし自分としては、そこを超えてサビが大好きなん…

『天体のメソッド』2段構えのイントロで感情を揺らすエンディング曲【星屑のインターリュード】

この曲の構成は、イントロA→イントロB→Aメロ→Bメロ→サビ イントロAはとても落ち着いた曲調。癒し感ある。 それが終盤にシンセ音が入ってきてイントロAのストリングスを引き継ぎつつ躍動感のあるバンドの楽器が被るイントロBになる。 これがね、いいんだわ。

『四月は君の嘘』OP・EDの4曲すべてが素晴らしいという奇跡。主題歌まとめてレビュー(後編)【七色シンフォニー】【オレンジ】

ここから先は、全22話観た人だけのための解説です。2クール目の主題歌もここで解説します。 『七色シンフォニー』は歌詞で本編がネタバレするわけじゃないんだけど、12話目からこのOPになったっていう意味も含めて話をしないと意味ないんで。 ということで…

『四月は君の嘘』OP・EDの4曲すべてが素晴らしいという奇跡。主題歌まとめてレビュー(前編)【光るなら】【 キラメキ】

OP、ED、前半後半でそれぞれ曲が変わって計4曲。そのどれもが傑作という稀有な作品。 そして、とくに第1クールのエンディングの使い方がめっちゃいいんですよ。映像と相まった効果がすごい! 控えめにいって最高ですね!!!

『中二病でも恋がしたい!』を全肯定するOP『Sparkling Daydream』とED『INSIDE IDENTITY』

この作品は「中二病」っていう痛々しい地雷を扱う。特にこんなサイトを見にくるような人にとっちゃあね!でもそれが地雷じゃない人はこのアニメ観てもそんなに面白くないよな?っていう大いなる矛盾! そこを、このオープニング曲と映像、エンディング曲と映…

ラブコメの波動を感じる。『未確認で進行形』オープニング曲『とまどい→レシピ』

「ラブコメの波動を感じる。」は第3話サブタイトル。これがひょっとしてメインタイトルより有名かも。 OP曲はヒロイン小紅の気持ちを歌ってる歌なので小紅だけで歌うんで良さそうなもんなんだけど、そこへ小姑の真白と姉の紅緒が入ってることが味付け的に豪…

『坂道のアポロン』エンディング曲『アルタイル』アニメーション映像に仕込まれた意味深について。

青春の時期に告白できない、過ぎ去った青春の日々を唄った普遍的な歌。しかしエンディングのアニメ映像は実はそんなに単純な話では終わらない。その真のイトを探ってみた。