青春アニソン部

アニメソングを全力で語るブログ。

第104期訓練兵団卒業生たちの圧倒的悲壮感!『進撃の巨人 Season3 Part.2』エンディング曲『Name of Love』

 f:id:RAON:20201121180748j:plain

 Name of Love 

 
第104期訓練兵団ってのは『進撃!巨人中学校』じゃないけど、学校みたいなもんで。

訓練は厳しいけど、その後に起こることと比べたら、なんのことはない幸せな時期。

 

それをエンディング映像に映しながら、全部イラスト絵にして動かさないことで、もう止まってしまった過去の思い出のこと、を演出してる。

 

物語的にはアニメ第3期の後半。単純に巨人をぶっ殺す!ってなことではもはや済まない面倒でややこしいことになって疲弊してる。

 

そこでこの曲ですわ。

 

もともとそんなに希望があったわけではない状況での約束や誓いからさらにその後に起きている激しい悲しみや怒りやの感情が過ぎて、やっぱりやるしかないっていう状況を歌う。

 

エレン、あるいはミカサとアルミンまで含めての曲、というのがストレートな聴き方です。

ですけれど、反対勢力側の曲として聴いても、それはそれで、いや、なおのこと歌詞が当てはまる。

 

 「さよなら 世界」♪

ですからね。

 

どっちにとっても辛いんですわ。ことここに至ってしまうと。

 

 「僕らだけの名前を呼びあって」♪
 「僕らだけの喜び 分かち合った」♪
 「僕らだけの言葉で確かめて」♪
 「僕らだけの痛みを抱きしめた」♪

 

この、世界との断絶感!

 

 

そいでもって、TVサイズもいんですけど、フルで聴いて欲しいっす。

Dメロが凄いんだよね。

 

 「In the truth name of love」♪

 

訳すと、「真実の愛の名の下に」とでもいいましょうか。

 

そして、

 

 「怖くない 行ける」♪

 

この圧倒的な悲壮感!

そもそも怖いから、怖くない、ってことを言うわけで。逆説的に。

 

超カッコいいっすよ!

 

 

●主題歌DATA

エンディング曲

『Name of Love』cinema staff

作詞:三島想平
作曲:cinema staff、野村陽一郎
編曲:cinema staff、野村陽一郎、熊谷 昭

エンディングアニメーション

絵コンテ・演出:村田和也
作画:山田 歩
仕上検査:橋本 賢(MADBOX)
仕上:伊藤里奈
制作進行:餅川和章

 

 

●テレビアニメ『進撃の巨人 Season3 Part.2』DATA

(50話 - 59話)2019年4月~7月
アニメーション制作: WIT STUDIO